看護師の求人を探す時のメモ

看護婦求人を探すポイントは、どんな職場環境なのかしっかりと文字を読みといて、気になる事があったら面接でちゃんと解決しておくことです。

例えば開業医の場合、求人であるのは「少人数で和気あいあいとやっています。」という事です。

とっても家庭的な印象を持ちますが、そうなると気になるのは休みについてです。

少人数ならば、風邪を引いた時に代替えがきくのか、出産の休暇はとれるのか、いじめはないのか…などが気になるところです。

もし市民病院の求人だったら、夜勤は月にどのくらいあるのかなどが気になるところです。

パートの場合は夜勤がないというところもありますし、パートでも夜勤がメインという事もあります。

小さなお子さんがいる場合は、もし夜勤になった場合に子どもをどこに預けるのか、という問題もあります。

病院に託児所が併設されている場合は、その託児所が何時から何時まで預かれるのかという事も面接でしっかりと聞いておいた方がいいです。

看護士は時給が高い仕事のため、他の仕事よりも稼げます。

しかし女性が多い職場になりやすいため、職場の環境を面接で感じとりたいです。また、夜勤についてもしっかりと聞いておいた方がいいと思います。

看護師の種類とは

看護師には、以下にあげるような、様々な種類があります。

■看護師

看護師の定義(保健婦助産婦看護婦法・第5条)において、「看護婦」とは、厚生大臣の免許を受けて、傷病者若しくは、褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者をいいます。

■准看護師

准看護師の定義(保健婦助産婦看護婦法・第6条)において、「准看護師」とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することをなすことを業とする者をいいます。

■認定看護師

認定看護師とは、必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において、熟練した看護知識と技術を用い看護ケアを実践できる看護師として、日本看護協会から認定を受けた者をいいます。

■専門看護師

専門看護師とは日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者をいいます。

参照:看護師の求人